事業計画

令和2年度事業計画

今年初めからのコロナウィルス感染終息の目処がたたず、どれだけの業界にどれだけの影響があるか予測が出来ません。しかし、社会活動を停止することは出来ません。出来得る限りの対策をし、感染防止の注意をしながら通常の活動を維持しなければならないと考えます。
北尾張支部では、当期も引き続き会員の皆様の業務支援に軸足を置いた事業を実施して参ります。
5市2町すべての自治体との空き家対策提携が締結されましたが、まだ実際に動き出したとは言えません。この事業が有効に働くためには自治体との協働が必要です。
また市民病院や福祉施設を通した社会貢献事業は、一般消費者の皆様に対する我々業界のイメージアップに繋がるものと考え、こらからも継続していきます。
4月1日に施行された民法改正は、我々宅建業に大きく関係しています。研修会などを通して必要な情報を速やかにお伝えすることにより、改正によって予想される混乱、トラブルの防止に努めます。
当支部の事業が会員の皆様の業務の一助となれる事を期し、以下の事業を実施して参ります。

  1. 会員の資質の向上に寄与する各種研修会の開催
  2. 地域社会との触れ合いとハトマークの浸透に資する事業
  3. 不動産無料相談事業等、社会貢献と業界のイメージアップに資する事業
  4. 青年部会・女性部会など、若手・女性会員の人材育成事業に資する事業
  5. 会員間の交流・親睦及び情報交換に資する事業
  6. 新規入会者が円滑に事業を開始し推進出来るよう支援する事業

以上を重点事業として、以下の通り令和2年度の事業を策定・実施致します。

総務財政委員会

  1. 定期的に開催される次の会議の開催と運営を行います。
    ・総会
    支部の事業、決算、人事等支部運営全般に関する事項の審議と決定を行います。
    ・監査会
    中間期と期末に、2名の監査役により、事業監査と会計監査を行います。
    ・支部幹事会
    支部の事業計画、予算及び支部運営に関する事項を審議、決定します。
    ・合同会議
    各委員会の提案・報告事項など支部の運営に関する事項を確認、調整し、幹事会へ提案します。
  2. 予算の編成、執行管理、決算報告
    ・支部事業を実施するための予算案を作成します。
    ・本部方針をふまえ、支部全体の予算が効率的に執行されるよう、事業毎の月次管理資料を作成します。
    ・適正な会計処理が行われているか、四半期ごとの帳簿点検を行います。
    ・年間の支部事業をまとめ、決算報告書を作成します。
  3. 会員の顕彰、慶弔に関する対応
    ・会員を対象とした顕彰、慶弔に必要な対応を行います。
  4. 会員名簿の管理
  5. ブロック懇談会の開催
    ・意見交換及び親睦を深める懇談会を実施します。
  6. 土地利用懇談会
    ・自治体との土地利用懇談会を開催します。
  7. 財務管理その他
    ・支部財産が適正に運用されるよう、財務管理を行います。
    ・庶務全般
    ・いずれの委員会にも属さない事項について、対応・処理を行います。

第一公益事業委員会

  1. 会員の資質向上のための研修会の開催
    ・県下統一研修会(本部主催)、支部企画研修会等を通じ会員の皆様にお役にたてる研修を開催します。
  2. 宅地建物取引士資格試験実施に係る受託事業
    ・宅地建物取引士資格試験における監督員業務を受託します。
  3. 会員に係る各種調査
    ・主に研修会不参加者に対する調査と対応を行います。
  4. 会員の懲罰
    ・該当会員がある場合には対応します。
  5. 不動産無料相談所の運営
    ・小牧・春日井・岩倉・江南・犬山市役所、大口・扶桑町役場にて地域の方のための不動産無料相談を行い宅建協会の知名度、信頼の向上を図ります。
  6. その他公益事業に関すること
    ・自治体との空家対策連携事業

第二公益事業委員会

  1. 地域事業の開催
    ・江南・小牧・春日井市民祭りへの参加を行い、地域社会との交流、不動産無料相談所の周知、宅建協会の知名度向上等を図ります。
  2. 会報の発行及び広報関係
    ・支部だよりを発行し、支部の活動内容及び会員の皆様に有意義な情報をお届けします。
  3. 募金活動による地域社会への貢献
    ・地域中核病院への車椅子の寄贈
    ・福祉施設への寄付活動
  4. 支部ホームページ管理
  5. 広報活動
    ・マスコミなどへの取材依頼やいろいろな広告媒体を利用し、支部の活動やハトマークサイト・あい ぽっぽ等をより一般消費者の方に知っていただけるよう活動します。
  6. その他公益事業に関すること

会員支援委員会

  1. 入会審査会
  2. 新入会員事務所調査
    ・毎月開催される入会審査会の事前調査として、会員支援委員会委員と支部幹事により入会希望者の事務所を訪問し、各種調査を行います。(開業前)
  3. 新入会員事務所立入指導の実施
    ・本年度の新規入会者を対象にした事務所調査訪問を行います。(開業後)
  4. 地価動向調査の実施
    ・毎年1月中旬に会員支援委員で調査会議を行います。地価の調査は支部のエリアを各ブロックに区分けし、支部幹事により合計約412ヶ所の査定を行います。
  5. 新規入会者支援事業
    ・新規開業者へ開業後健全な取引や経営ができるよう研修・相談等行い支援を 行います。
  6. 苦情処理対応
    ・支部エリア内で苦情処理事案が発生しましたら、会員支援委員にて対象者調査及び対応を行います。
  7. 青年部会・女性部会
    ・両部会共、それぞれ15名から20名の部会員が登録されており、年間を通して2回から6回の勉強会・懇談会を予定しています。
    ・支部役員との意見交換会を行います。
  8. 同好会
    ・賃貸借研究会・カラオケ同好会・エンジョイゴルフクラブ・レクレーション倶楽部の4つの同好会が登録されています。各同好会は年間を通し2回から5回の開催を予定しています。
    ・全会員を対象とした北尾張支部旅行同好会を特別同好会として設置しています。
  9. 企業誘致情報提供
    ・小牧市との提携により、小牧市内に企業立地を希望される企業の情報を会員にお知らせし、会員より土地の情報・倉庫工場の情報を募ります。
  10. 不動産流通にかかる事業
  11. その他会員支援に関する事業
    ・春日井市高齢者賃貸住宅支援事業

IT特別委員会

  1. Webを利用した会議の企画・実施
  2. Web研修実施の研究
  3. Webを利用した一般及び会員向け情報発信
  4. 一般及び会員向けWeb相談
  5. ハトマークサイト・あいぽっぽの普及活動
  6. Webを利用した支部活動の効率化

その他事業

  1. 本部要請事業
    ・本部より要請があった場合に計画・実施します。
    自治体との土地利用懇談会など。
  2. その他期中において必要となった事業
    幹事会で審議・承認の上実施し、次期総会で報告します。
  3. 扶桑町地方創生総合戦略審議会